おりものの臭いや異常

若い時、十代の時はあまりおりものの臭いは感じませんでした。でもパンツの大事な部分が黄色くカピカピしているので、何だろう?という疑問を抱きながら成長していきました。

 

パンツの大事な部分が汚れているので、母親がお風呂に入る際にチャチャっと洗いなさい!と言われていました。洗濯機で洗っても、汚れは完全に取れないものですね。しっかり手洗いした方が汚れが取れました。

 

おりもの用シートを使うようになりました

自分の肌にあったおりもの用シートを見つけよう!

 

二十代になってから、おりもの用シートを使うようになりました。まずおりものが出ても、不快感を無くす為でした。
おりものがパンツにつくと、ヒヤっと冷たい状態が続き、ネタネタするので不快感を感じていました。

 

おりもの用シートをつける事で、おりものが出て汚れてしまった時は、取り替えて衛生的ですし、常にサラサラしていて不快感を感じませんでした。パンツも汚れる事がないので、お風呂で洗う手間も省けました。

 

生理が始まる時も、おりもの用シートにつくので、すぐに取り替える事も出来て良かったです。おりものの量が増える時は、生理が終わって1週間後くらいから徐々に増えだし、2週間経つ頃には排卵が始まるせいか、粘り気の強いおりものが出てきます。

 

おりもの自体にはあまり臭いを感じませんが、シートについてしばらく替える事が出来なくて、そのままにしておくと、プンと臭います。

 

おりものの量と比例して、臭いも強くなっていきます。
臭いはアンモニアではなく、生臭いです。

 

鼻の奥がツンっとする感じです。色も透明なものから、徐々に黄色いおりものにかわっていきます。公衆トイレなどに入ると、自分の臭いが気になり、次に入ってくる人に臭いをかがれてしまう事が非常に嫌でした。

 

そういう時は、おりもの用シートでも匂い付きのものも出ているので、フローラルな良い匂いのシートをつけるようにしています。頻繁に替える事が出来ない時は、シートが2枚ついていて、はがすとまた新しいシートになるタイプのシートも使っていました。社会人の時などは、仕事中に替えのシートを持っていけない時があるので、こういったタイプのおりもの用シートを使っていました。

 

デリケートゾーンで、24時間触れる場所なので、自分にあったおりもの用シートを見つけると良いと思います。今は何種類も出ていますので、自分に合ったものが見つかると思います。

 

私はもう一生おりもの用シートを手放す事が出来ないと思います。

 

衛生的で、不快感を取り除いてくれ、臭いも取ってくれるとっても素敵な商品だと思っています。